2009年06月05日

オーデュボンの祈り:伊坂幸太郎を読んだ

読んだ後に心地良い浮遊感が残る良い小説でした。

現実味がまったくない設定なのに、登場人物は誰もが人間くさかったり、誰もが何かしらの欠陥を抱えた人物なのに酷く魅力的に感じたり、とても不思議な気持ちになった。
遠い世界の出来事なのに、妙に現実の自分たちに対して説教じみたことを語りかけてくる。

作中にカオス理論の話が出てきたけど、本当に先が予測不可能。
初めは通勤時にちまちま読んでたのに、今日一気に読み終えた。

最後はパズルのピースが合わさるように、案山子の『優午』に導かれるかのように、欠けていたものが埋まったときの充足感に満足した。

これを機に他の作品も読んでみようと思う。